キャンプ

キャンプ初心者の道具選びについて語りたい。ぶっちゃけ装備はなんでもいいから!

おっす!たきびーとです!

僕はキャンプ歴10年です。

今回SNSでちょっと気になる事があったので、これからキャンプ始めたいけど、何をすればいいの?道具は何がいい?なんて方が

少しでも安心してもらえたら嬉しいな。という強い思いで筆を握らせて頂きます。

 

まず初めに僕はソロが多いので、ソロに絞った道具についてまとめた記事はこちらです。

自分の経験からあるある失敗談についてまとめた記事はこちらです。

ただ本記事は道具や注意点だとか、そう言ったことではなく

純粋にキャンプを始める時の気持ちについて書いています。

キャンプに玄人もクソもない。

僕は冒頭でキャンプ歴10年と書きました。

そうすると年数じゃなくて回数が重要なんだ!とか年数に親でも殺されたのかって人が現れます。

回数で言いますと月2回が10年間として単純計算で240回。

独身時代は暇さえあれば行ってましたし、結婚して中々行けなくなりましたが連休やデイキャンを合わせれば500回くらいにはなるかな?って感じです。

 

これが玄人なのかどうなのかは誰にも判断出来る事ではないですし、

年数なのか回数なのか。そんなことはどうでもよくて

新しい装備を使えばそれはもう初心者であって、年数も回数も関係ないかなと言うのが持論です。

 

そりゃ今までのノウハウから似たような構造やらロープの使い方やら多少なり経験は活きてくると思いますがね、

レイアウトなんかはやっぱり新装備ってのは経験だけじゃ上手くいかないもんなんですよ。

 

玄人を語るのはいいと思いますし、得た経験からアドバイスをすることは非常に有益だと思思います。僕自身も少しでも役に立てたらなって思いで記事を書いたりしてます。

ただ中にはそれは「違う」」とか「間違ってる」とか挙句の果てには「そんな事は常識」とか言い始めちゃう人。「人の装備を笑う人」すら現れてしまう悲しい現実があります。

始めてキャンプをした時の思い出を忘れないで欲しい。

僕の初めてのキャンプは大学生の時です。ファミキャンとは縁がなくアウトドアなんて中学校の林間学校くらいでした。

当時からネットはありましたが、今程詳しいレビュー記事なんてなく学生のノリだけで

「とりあえずテントと寝袋!あと銀マットてのが必要みたいだぞ!」

てな具合でホームセンターでキャプテンスタッグ買い占めたわけです。

自在ロープの使い方もわからず、

「限界まで引っ張って止めとけば同じだろwよくわかんないから適当に結んどけwww」

って感じです。

 

今考えれば非常にお粗末だったと思いますが

当人は

それでもメチャクチャ楽しかったし、

それが合ってるとか間違ってるとか気にしてなかった

ってことです。

 

きっとキャンプを始めた頃はホームセンターのキャンプコーナーでもワクワクしていたハズだし、設営のやり方だって段々うまくなっていったハズ。

〇〇スタイルなんて情報もそんなになくて、逆に振り回されることもなかったかもしれません。

 

ただ始めは何をしたって楽しかったし、楽しい思い出が強かったから、今でもキャンプが趣味になってるんですよね。

 

だからキャンプを初めてする人や、慣れていなくて初心者だと思う人。

今はネットですぐ繋がって色々言われたり、もしかしたら終わった後に嫌な思いをする事があるかもしれません。

でもそんな事は気にせず、装備も好きな物を買えばいいんです。と強く言いたいです。

キャンプ用品をホームセンターで揃える

個人的にはアウトドアは合う合わないがあるので、いきなり高額な商品に手を出すよりは

安い装備で一式揃えて、後々アップデートしていく方が良いかと思います。

じゃあその安いのって何よって話ですが、ホームセンターで一式揃えるのが無難です。

もちろんネット通販に比べたら最安値ではないですが、バカみたいに高額な商品はホームセンターには置いてないのでそれなりの商品が揃います。

 

これなら難しい事考える必要もないしとりあえずキャンプができます。

先ほども書きましたが、どんな装備を使おうが「当人は楽しい」ものです。

 

設営方法が違うとか、安くて使えないとかは、楽しんでいる人達に必要ない情報なんですよね。

それならば正しい設営方法を教えてあげればいいし、代わりの商品を教えてあげればいい。

ただ頭ごなしに違うとか、装備をバカにするってのは、意味のないマウント行為なので気にしないで欲しいです。

キャンプは最低限のマナーを守っておけばいい

ちょっと調べればたくさんの情報が出てきて

何をすればいいのか、設営はちゃんとできるんだろうかと

逆に不安になるかもしれません。

 

思うがままに張ってみて失敗するかもしれない。

四苦八苦してテントがやっと立つかもしてない。

一番期待していた装備が役に立たないかもしれない。

 

それでも

そんな失敗が良き思い出になる物です。

そこからどうすればいいのか調べた方が、必要な情報を選ぶことができますよ。

最初から完璧なんてありません。せっかくのキャンプ。自然に身を任せて、気の向くまま始めることが大切だと思いますよ。

 

そして最後に一つ!

来た時よりキレイにして帰る!これだけ意識しておけば、よそ様に極端な迷惑はかけないですよ。

そんな話でした。おしまい。