キャンプ

コンプレッションバッグは防水性がおすすめ!SEA TO SUMMIT(シートゥーサミット) ドライサックのレビュー!

おっす!たきびーとです!

僕はバイクでキャンプに行った際、突然の雨にバッグが浸水しシュラフが濡れて凍えた経験があります。

高速道路を走行しているとパーキングまでレインカバーがかけられないんですよね。

そこでシュラフを圧縮しパッキング要領を増やすと共に、防水仕様の物で買った物がこちら!



SEA TO SUMMIT ドライサック です!

今日はこのドライサックのMサイズとSサイズについてレビューしたいと思います。

この記事でわかること
  • ドライサックMの圧縮具合
  • ドライサックSとの比較
  • ドライサックの防水性能

コンプレッションバッグとは

基本的には袋の中に衣類やシュラフを詰めベルトを締めて圧縮し、パッキング要領を増やすものです。

シュラフはパッキングにおいて要領を食うので、圧縮することでかなりパッキングに余裕が生まれます。

構造が簡単なので似たような商品が多く、値段や圧縮率に目が行きがちですが、中に入れる物はシュラフの人が多数でしょう。

その場合しっかりと防水性も考えて購入する方がいいと思います。

ドライサックMのレビュー

シーツサミットのドライサックは防水仕様ですが、ターポリン素材のようなビニール質ではありません。伸縮性はありませんが袋には入れやすいです。

袋の止め方は防水性に一番信頼のおけるロールクロージャー方式。圧縮時負担のかかるベルト部分にはしっかりと補強がされているので安心です。

またeVevtと言われるオレンジの生地は水を通さず空気のみを排出してくれるので圧縮しづらいということはありません。

 

この中にNANGAのオーロラ600DXを詰めていきます。


比較としてナンガの純正袋のサイズが

直径16cm×長さ36cm

同等のシュラフはモンベルのダウンハガー800#1、イスカのエア630EXあたりだと思います。




ドライサックMの大きさ

圧縮前

直径18cm×長さ40cm

 

圧縮後

長さ23cm。※直径に大きな変化なし

箱には14L→4.5Lとなっています。

ナンガ純正袋との比較

これだけ要領が稼げればパッキング時にかなりの差があります。道具を足すこともできますし、余裕のあるパッキングは撤収も楽になります。

ドライサックSとの比較



ドライサックsの大きさ

圧縮前

直径16cm×長さ44cm。

入れた時点で結構パンパンです。

圧縮後

長さ28cm。※直径に大きな変化なし

箱には10L→3.3Lとなっています。

 

ナンガの純正袋とサイズ感はあまり変わりませんが、純正袋は若干の伸縮性があるのに対し、ドライサックは伸縮性がありませんのでかなりキツキツです。

加えてロールクロージャー方式のため巻く余裕がありません。購入の際には巻く事を考慮して購入した方がいいでしょう。

コンプレッション比較

一見差は無いように見えますがMサイズより圧縮できません。これは詰めていく段階でかなり力を込めて入れているので既に圧縮気味だからです。

左がMサイズ、右がSサイズ

実物で見るとMサイズでコンプレッションした方がパッキングしやすそうです。

当然Sサイズの方が直径が小さいので、どちらがパッキングに有利かは一概には言えませんが、撤収時の楽さを考えるとやはり適正な大きさを選んだ方がいいでしょう。

 

ドライサックSにシュラフを詰めるならば、

モンベルのダウンハガー800#3、イスカのエア280x、ナンガUDD BAG380DX辺りがいいと思います。








ドライサックの防水性能実験

防水性能を試します。

想定は

高速道路をバイクで走行中に突然の雨。次のパーキングまで30分間レインカバーがかけられない場合。

シャワーを30分間かけ続け、桶はバッグの浸水をイメージしています。

※動画作成中

実験結果

※動画作成中

袋から取り出しシュラフにキッチンペーパーをあてがいます。

凄い!濡れてない!

これなら高速道路を走行中に突然雨に降られてもレインカバーをかけるまでは凌げそうです!正直想像以上でした!

※動画でないとこの凄さは伝わらないと思い現在鋭意作成中です。

ドライサックまとめ

サイズの選び方ですが

ロールクロージャー方式ですので、巻く分を考えると大きさは気持ち余裕がある物が良いです。ベルトはしっかり補強されていて安心して圧縮することができます。

防水性能は本当に凄いです。

正直シュラフさえ濡れなければ何とかなるので、レインカバー必要ないんじゃない?とすら思います。

パッキングに余裕も生まれるし、ツーリング中に雨雲を気にしなくていい事は精神衛生上も良いです。

これはキャンプツーリングの強い味方になること間違いないです!ぜひ買ってみてください!オナシャスッ!!!

Mサイズはこちら↓



Sサイズはこちら↓